【トップページ用ウィジェット上部】ここにいろいろと追記できます。AdSenseコードをはってもいいですね。

はじめてのモノレート(商品画面編)

どうも、キコリです。

第2弾として【商品画面編】をやっていきたいと思います。

 

 

モノレートの商品画面は、大きく3つのカテゴリーで構成されています。

□上 部

 商品画像・発売日・ランキング・コード・現在の価格・利益額の目安

 

 

□中 部

過去12か月の価格・出品者数・ランキングの推移・モノレート見た人数

 

 

□下 部

過去の販売データ(日ごとの価格・出品者の推移)

 

 

 

それでは詳しく説明していきます。

 

モノレート商品画面:上部(基本商品情報)

この画面からわかる情報は、

①商品画面

②商品名&型番

③出品規制商品の警告

④発売日

⑤カテゴリー&その中でのランキング

⑥参考価格(定価&メーカー希望小売価格)

⑦ASINコード

⑧JANコード

 

 

これが下にある表ですが、

①出品されている商品の状態

②新品出品の最安値

③カート取得出品者の価格

④中古出品者の最安値

⑤コレクター商品の最安値

⑥左の新品最安値から手数料を引いた純利益額(目安)

⑦左のカート価格から手数料を引いた純利益額(目安)

⑧左の中古最安値から手数料を引いた純利益額(目安)

⑨新品・中古出品者数

⑩各リンクボタン

・商品詳細:Amazonページに

・価格比較:モノサーチに

・FBA料金:FBAシュミレーターに

・レビュー:Amazonレビューページに

・出品制限:セントラルの商品出品確認画面に

 

※①出品されている商品の状態に【アマゾン販売】が出品している場合は表示されます。アマゾンが出品している商品はカートが取りにくいので、出品は避けましょう。

 

 

モノレート商品画面:中部(各種グラフ)

中部がモノレートで一番重要な場所となってきます。覚えておきましょう!

①出品状態のグラフの切り替え

②カート価格(水色線)、その他の表示・非表示切り替え

③自己出品者の送料込み額・切り替え表示

④過去の最安値の推移(グラフ)

⑤過去の出品者数(グラフ)

⑥過去のランキング推移(グラフ)

⑦過去のモノレート閲覧数(グラフ)

 

では、詳しく確認していきましょう!

 

・出品状態のグラフの切り替え

・カート価格の切り替え

・自己発送の送料込み額の切り替え

・過去の最安値の推移(グラフ)

この4つを見ていきます。

共通して言えるのは、

〇上下 → 値段

〇左右 → 日時

だという点です。

 

上下の価格帯は、商品によって変化します。

左右の日時は「3か月・6か月・12か月・すべて」をクリックすれば変えられます。

 

 

 

5 過去の出品者数の推移

今までの間、どれだけ出品者がいたかを示すグラフです。

出品者グラフで重要なのは

上下 → 出品者数

左右 → 日時

だという点です。

 

【新品】

緑が自己発送(FBAも自己発送にまとめられて表示されることもあります。)

ピンクがFBA

 

 

【中古】

オレンジが自己発送

ピンクがFBA

 

 

 

6 過去のランキングの推移

過去にその商品が売れたか判断するグラフになります。

ランキングのグラフが

上下 → ランキング数

左右 → 日 時

になります。

 

ランキングのグラフが他のグラフと違うのが

売れれば、売れるほど

ランキングの順位が高いほど

下に下に下がっていく点です。

 

上のグラフは、任天堂SWITCH(本体)で、ランキング(ゲームの5位)なので、ほぼ下に張り付きっぱなし=ずーっと売れていることが分かります。

 

 

 

7 過去にモノレートを見た推移

この【モノレートユーザー】グラフは、

過去の何人この商品を見たか

わかるグラフになります。

 

このグラフが上がっている=ライバルも注目している商品ということになります。

 

 

 

モノレート商品画面:下部(期間ごとの最安値一覧)

この部分は、日にち・時間ごとに細分化されています。

ランキング・最安値・出品者数が表示されています。

左から見て

・データ取得日

・ランキング

・新品出品者数

・中古出品者数

・中古最安値

・コレクター

と並んで表示されています。

 

見てわかる通り、グラフは下にいくほど、古くなっていきます。

月日の横にある⇩をクリックすると、その日のより詳しいデータ表示が可能になります。

 

 

まとめ

これで、商品画面のモノレート説明を終わりますが、

結構なボリュームだったと思います。

 

でも、自然にみるべき箇所、気を付けるべき点は

わかってくると思います。

 

少しずつで構いませんので、理解を進めていただけたらと思います。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

本業の傍ら、2019年1月から物販ビジネス、8月からブログをスタートしました。「やさしく楽しく自由に」をモットーに、皆さんに失敗談も含め、「世界一わかりやすく」お伝えできばと思います。 〇好きな店:鳥貴族、ココイチ、王将 〇好きな酒:ハイボール、ホッピー 〇趣  味:筋トレ(20年)、トレイルランニング(8年)